勇者デスピアの誘発打ちどころまとめ

遊戯王OCG

 ども、おんそばです。前回の記事について訂正箇所があります。アトラクター下で「バロネスリフン九支が可能」と記載しましたが、正しくは「ボウテンコウ九支が可能」でした。大変失礼いたしました。

薔薇(ローズ)型天威勇者の誘発打ちどころまとめ | おんそばブログ (onsobablog.com)

 本日のテーマは勇者デスピアです!他テーマも誘発の打ちどころまとめが欲しい!という声がありましたので、自分の勉強も兼ねて作成いたしました!前のデスピアの記事も古くなってきた&環境固まってきて、最新の情報にリライトしておきたいのもありますしね。この記事一番のテーマは「開幕スタートにGをチェーンするかどうか」というところです!さっそくLet’s go!!

各誘発

数字がついているものは優先度順、ついてないものは順不同

想定するのは勇者デスピア側先行1ターン目

灰流うらら

1、烙印融合
裏目:なし

2、旅路の起動効果
裏目:グリフォン素引き
3、金満で謙虚な壺
裏目:烙印融合その他初動の重ね引き
4、水遣い
裏目:アラメシア素引き、アルベル素引き
5、アルベル・烙印開幕・悲劇のデスピアン
裏目:烙印融合やアルベルの素引き
6、旅路の誘発効果
裏目:烙印融合にうららを当てられない

烙印融合に対するうららのみ、全く裏目がありません。加えてメインギミックのみだとケアができないのでここに当てるのが基本です。ここに打たれないように、勇者ギミックや金謙を採用しているわけですしね。
2以降は、烙印融合より先に切り出されたときに考えることになります。やはり2はマスト寄りなので説明不要でしょう。

3の金謙も打った方がいいと考えます。なぜなら、打たなかった場合に相手のハンドが上振れる可能性が上がり、打った場合に動きが完全ストップする可能性があるからです。至極当たり前なことを言っている気がしますが、金謙にうらら打った後出てくる烙印融合がショックでスルーしたくなるんですよねw

4の水遣いは裏目もありますが、うまく止まってくれた場合キマイラが登場しにくくなったり、素引きのグリフォンが機能しなくなったりするので手札がどうにも弱いときはアリかもしれない択です。ただし、アラメシアを打たせないのでアルベルが生き生きし始めます。

5は基本打たないほうがいいです。6は自分から裏目を作りにいく悪手です。

増殖するG

1、烙印融合・アラメシア・金満で謙虚な壺発動時
裏目:前二つはうらら指名者以外特になし、金謙は動かれず0ドローになる可能性

2、烙印開幕
裏目:開幕コストがデスピアネームでアルベルnsから赫サーチ=0ドロー+融合体or大導劇神採用で開幕から飛んでくる

基本はss効果に合わせていく普通の打ち方でよいです。
金満で謙虚な壺に打つのはうららを持っていないときで、Gケア札を引き込まれる前に通しておくやつですね。

問題は開幕スタートにGを打つかどうか。結論から言うと大導劇神をなんとかできるなら打った方がよいと考えます。理由は2つ。
①ほぼ1ドローはできるから
②上振れを咎められる見込みがあるから

開幕スタートしたいハンドは3つ。
❶開幕+水遣い
❷開幕以外初動なし
❸うららのケア札がなく、開幕にうらら打たれるのをお祈りしたり、他のハンドが強くてGを打ち損にさせたりしたい

これ以外で開幕を初動で打つことは少ないです。例えば金謙+開幕なら、開幕で水遣いをめくりに行きたいです。烙印融合+開幕なら融合から入って開幕をルベリオンコストにしたい。開幕+アラメシアなら、他の手札にもよりますが基本アラメシアから入ってGチェックしたいと考えます。

では、開幕に対しGを打つとどうなるか見ていきましょ。

❶について。これはコストを抑えつつアルベルをリクルすることでアラメシア+烙印融合を成立させるための動きです。アルベルサーチの場合はグリフォン1妨害で1ドローorアルベルnsからルベリオンミラジェイドで2ドローのどっちか。アルベルリクルの場合は勇者グリフォン+ミラジェイドで4ドローです。さすがにこの3択ならグリフォン1妨害で止まりますよね。つまり、最低限1ドローはできつつグリフォンのみの妨害にすることができます。

❷は動くために打つ以外の選択肢がない場合ですね。Gをケアしてアルベルサーチにしそのままns、烙印融合持ってきてルベリオン→ミラジェイドで2ドロー。アルベルnsで止まった場合は0ドロー。この場合アド損してはいますが、相手の展開が止まっているわけですから、手札誘発としての役割を果たせているとも言えます。

❸はそこまである場面ではありません。一定の実力のあるプレイヤーなら烙印融合までうららとっときます。また、他の強いカード引いていてG打ち損させるにはふわだりに対するセンサーのような後ろ一枚で一方的に相手だけ止めれられる場合等くらい。加えて、そもそもGを打ってくれるかどうかもわからないため、不安定なプレイです。

結論、大導劇神がなんとかなるなら開幕スタートにはGをチェーンしましょう。相手の上振れを咎められつつほぼ1ドローがついてきて、0ドローの場合でも相手盤面貧弱です。これはリスクリターンにおいてリターンが上回っていると言っていいでしょう。

 ※執筆した後から大導劇神が採用されはじめました…採用されていると開幕から無効が飛んでくる裏目が増えます。見極めが難しいですね。こちらの手札が強ければ打つのがよさそう。

ヴェーラー泡影しぐれ

1、ルベリオン
裏目:赫の烙印素引き・墓地の喜劇

2、アルベル
裏目:烙印融合素引き

〇こちらのターンの赫で出てきたキマイラ(しぐれのみ)
裏目:墓穴・ 墓地の喜劇

〇こちらのターンのミラジェイド(泡影のみ)
裏目:次のターンも使われる

打ってはいけない→先行1ターン目のミラジェイドef
理由:コストアルビオンから持ってくる赫+盤面のミラジェイドの除外効果復活で盤面強くなるから

この辺は言わずもがな。

屋敷わらし

1、赫の烙印
2、赫の烙印
3、赫の烙印
4、アルビオン
5、大導劇神・凶劇の蘇生効果
△ルベリオン

とにかく赫の烙印です。デスピア使用者は赫の烙印への妨害をゴキブリのごとく忌み嫌う性質を持っている(※当社調べ。調査対象→俺)ため、恨まれることを気にせず投げるが吉。
 初動で使ってくることは少ないものの、アルビオンに打つのも有効。
大導劇神・凶劇については、墓地のカードを蘇生するときのみチェーンが可能です。(以下おまけ参照)

本当のところは初動で出してくるルベリオンに当ててやりたいのですが、だいたい悲劇が落ちて
チェーン1:ルベリオン
チェーン2:悲劇
でケアされてしまいます。
ここが、デスピアに対して「わらしより効果無効」と言われるようになった所以ゆえんというわけです。

◎おまけ:裁定について
 大導劇神や凶劇のような、「効果発動時に墓地もしくは除外ゾーンのカードを対象にとって発動」する類の効果について、墓地を対象にとった場合のみ屋敷わらしをチェーンすることができます。
(似た例として、2018年の1月に手札からss効果を使ったデストルドーへのチェーン不可裁定が出ています。これは墓地からssする効果を含まない、という考え方のようです。)

逆に、psyフレームギアγのような、効果発動時に墓地のカードを対象にとらない場合は、例え無効にしようとしているのが手札で発動したものであっても、墓地にドライバーがいなくても屋敷わらしをチェーンすることができます。
つまり、
チェーン1:烙印融合
チェーン2:灰流うらら
チェーン3:psyフレームギアγ
チェーン4:屋敷わらし
は可能だ、ということです。


発動時に墓地のカードに触れないことが明確な場合は打てない、と考えるとわかりやすいかもしれません。

さらに面白いのが次の裁定。

テキスト上に「墓地から除外する」という文言がなくても、結果として墓地のカードを除外するならば屋敷わらしをチェーンすることが可能だ、とほざいておっしゃってます。似た例は召喚獣メルカバーなんかでも起こりうるので、覚えとくと幸せになれることがあるかも。

接触するG

1、アルベルから持ってきた烙印融合発動時
〇その他最初のns・ss時

デスピア側が接触そのものを処理するにはアナコンダかキマイラしかないのですが、効き目にムラがあります。一番刺さるのはアルベル初動のときかと。

アルベルns烙印融合ef
悲劇アルバス落としルベリオンss
チェーン1ルベリオンチェーン2悲劇チェーン3接触
接触ss、デスピアサーチ、ルベリオン不発

この場合赫の烙印を確定で持ってこれないため、素引きしてなければデスピア側は接触を処理できず0妨害。

ただし、烙印融合スタートの場合は刺さりが悪く、
融合悲劇アルバス落としルベリオンss
チェーン1ルベリオン、チェーン2悲劇、チェーン3接触
接触ssされアルベルサーチ、ルベリオン不発
アルバスns・ef、赫の烙印サーチセット

これにより赫の烙印からキマイラ出現+後続確定してしまいます。
コストを支払わせミラジェイド出てこない分よさそうに見えますが、グリフォンダダ通りorキマイラ+後続の可能性に加え、他の環境デッキに接触がほとんど刺さらないところ考えると、まだドロールのがよさそうです。

応戦するG

〇烙印融合・アラメシアにチェーン

最近たまにサイドインしてる1枚。
アラメシア初動でドラコバックされても、ターン1がないためもう一度使えるorグリフォンを消費させられる。

通れば
・赫の烙印の対象不在
・ミラジェイドの効果使用不可
に加え、場から墓地に送られると増殖するGサーチのおまけつき。だがしかし、役割対象がデスピアとドライトロンくらいしかいないのが難しいところ。

ドロール&ロックバード

〇サーチ処理後

最近採用が増えてきているカード。
烙印融合から入られるとミラジェイドは立ってしまいますが、赫のサーチはさせないため1妨害+後続に抑えることはできます。加えて、アラメシアスタートやアルベルスタートなら展開を止めたり後続を断ったりすることも可能。

 ディスアドが基本なので使えるデッキは選びますし、Gと重ねて引いたときアンチシナジー気味なのが残念ですが、使いどころを間違えなければ強力です。

まとめ

今回は文字だらけになってしまいました。
今週末に新弾が来て環境がどうなるかわかりませんが、変わらずデスピアが他デッキをグイグイひっぱっていくことが予想されますから、プレイングを磨いておきたいところですね。

それでは今日も明日も元気にいきましょ!




コメント

タイトルとURLをコピーしました